簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

仮想通貨を池上彰さんが解説すると?

マウントゴックスが倒産したとき、池上彰さんが仮想通貨こと暗号通貨についてわかりやすく説明する特番が放送されました。

 

池上彰
池上彰

 

池上彰さんの解説でハッキリとわかることは、マウントゴックスという取引所が倒産したというだけで、ビットコインの価値が無くなったわけではないとうこと。

 

さらに、マウントゴックスにお財布を持っていた人たちは、そのパスワードを盗まれ、持っていたビットコインを盗まれてしまったということ。

 

ここで考えておかなければならないことは、自分の仮想通貨こと暗号通貨の保管方法。

 

もし、仮に海外旅行から帰ったあとに余ってしまったドルを円に交換しようとして、いつもの取引所に行ったら潰れていたとしても、自分のお財布にドルが入っていれば他の取引所へ行って交換すれば良いだけです。

 

つまり、仮想通貨こと暗号通貨にしても、円⇄仮想通貨こと暗号通貨の交換は取引所でやるわけですが、交換した仮想通貨こと暗号通貨を自分のお財布に保管しておけば良いわけ。

 

では、そのお財布とはどこにあるのでしょうか。

 

それが以前、仮想通貨に関連するアプリという記事で紹介したBlockchain.infoです。

 

Blockchain.infoは、代表的なインターネット上のウォレット。

 

もちろん、こうしたサービスは他にもあるので、自分が使いやすくセキュリティーが万全なところを選ぶと良いでしょう。

 

仮想通貨こと暗号通貨が喜ばれる国々

池上彰さんの解説で述べられていましたが、仮想通貨こと暗号通貨はアフリカのような国家や銀行自体が不安定なところにとっては、本当に必要性があり便利であるということなんです。

 

暗号通貨が必要な国とは?
暗号通貨が必要な国とは?

 

そして、日本は国家が安定しているから大丈夫と考えるのはちょっと早計なきがします。

 

なぜなら、日本という国を冷静に見つめ直して見ると、本当に安定しているのか。

 

不安要素がたくさんあるということは、日本に住んでいる私たちが一番よくわかっているのではないでしょうか。

 

今は、円というお金を信用して使っていますが、国がどんどん印刷してその量を増やしていったらどうなるでしょう。

 

金のように総量が決まっている仮想通貨こと暗号通貨と違って、その価値はどんどん下がっていくことが目に見えているのです。

 

ただの紙切れになってしまうことだって、絶対にないとは言えません。

 

池上彰さんの番組では、3人のパネラー全員がビットコインを信用できないと言っていましたが、よくよく考えてみれば円のほうが信用できなくなる事態が起こったとしてもなんら不思議がない世の中なのではないでしょうか。

 

そんなふうに考えていくと、お金がというものに対する概念が本当に一変する時代の転換期に私たちは生きているんだなぁと実感します。

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます:

こちらも人気記事です:

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck